2006年07月11日

カーテン

数日前、やっとカーテンが付きました。

我が家では、バーチカルブラインド・ダブルシェード・プリーツスクリーン・パネルスクリーン、そして普通のドレープカーテンを使い分けしています。

全てあげてしまうと、ずいぶん種類があるなあ、、、と感じますが、1つのスペースには2種類以上は使わない事とし、色を統一しました。

ちなみに、、、、
リビング:バーチカルブラインド
ダイニング:バーチカルブラインド、ダブルシェード
和室:プリーツスクリーン
子供室と主寝室:ダブルシェード、ドレープカーテン
2階ベランダ出入り用の掃き出し:パネルスクリーン

と、こんな感じです。

バーチカル.jpg

これがバーチカルブラインド。
【事務所】ちっくにならないよう、ちょっと厚みと暖かみのある質感の物を選びました。(画像で見る分にはそんなの全くわからないんですけど)
今は暑い時期ですが、色がオフホワイトなので、暑苦しさは無いです。

ざっくりした麻素材のような物も魅力的でしたが、冬場寒そうかも知れないと思い、やめてしまいました。
暖簾のように、簡単に取り替えられると季節感が出せて良いんですけどね、、、。

また、バーチカルは天井付けに見えるよう、極力上から下げるようにしてもらいました。
この方が、空間が分断されないので綺麗に見える気がしたので。

パネルスクリーン.jpg

こちらは、2階ベランダへ出入りする掃き出し窓です。

手前が通路(廊下)でもありますので、極力ボリュームが出るものは避けようと思い、パネルスクリーンにしました。
全開すると、窓に向かって右側の壁面に全て収まるようにしましたので、出入りしづらいという事はありません。

そして、オチは、ダブルシェードです。
枠内に納めたいという希望があったので、それを受けてくれる業者に依頼するしかありませんでしたが、、、。

縦長の細窓は幅が26cmなので、カーテンのサイズは25cm位に仕上げる事になります。
縦横の比率が大きすぎる場合、下げた時によじれが出たり、あげた時にはモタついて綺麗に上がらなかったりするので、嫌がる業者さんが多かったです。

さて、我が家はどうなったでしょうか、、、。

画像はですね、、、どうしましょう。
今現在の画像は笑えますが、出そうか出すまいか悩んでいます。業者さんの名誉に傷が付きそうです。

一見、何もおかしくないんですよ。

ダブルシェードなので、普通のカーテン生地と、レース生地と2枚になっているんですが、、、普通のカーテン地の方はOKです。

でも、、、それをあげると出てくるレースの方が、、、、、。

両端の折り返し分(普通、三つ折りにしてミシン掛けとかしてありますよね)が、折り返し分の幅なんと8センチ!

折り返してある部分って、そこだけ厚みがあって光を通しにくくなるので、そこだけ濃く見えます。

両端8センチ折り返してありますので、、、、幅25−(右端8+左端8)=残り(中央部分)9センチ。

左8センチ濃い部分+真ん中9センチ薄い部分+右8センチ濃い部分
遠くから見ると、まるで超極太の縦縞模様!!!ハハハハハ!


カーテンを取り付けに業者さんがいらした日、夫が休暇で家にいました。
カーテン屋さんは、“では、ダイニングから取り付けいたします”と言ってダイニングへ。
夫は、和室で荷物の片付けをしていました。

するとしばらくして、ダイニングから業者さんの「あれっ?」という声が聞こえたそうです。(夫:嫌な予感)

そして携帯でどこかとやりとりをする声。
その後、業者さんが夫のところに来て“すみません、シェードのレースの端処理が異常に幅広で、、、”

という汗かきかきの説明。
とりあえず、生活に必要なところは幅広のまま取り付けて行って、あとは一旦持ち帰り善処するとのこと。

本当に、いろんな事がありますね。
なんだかこうなると、楽しくなって来ました(笑)
posted by りの at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | インテリアなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20614220
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)
Excerpt: 「バーチカルブラインド(縦型ブラインド)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年8月1...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/life
Tracked: 2006-08-01 18:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。