2006年11月16日

床暖入れてみました

タイトル通りなんですが、先日の金曜日(10日)、床暖を入れてみました。
今年初めて、、、と書こうとしましたが、よく考えてみたら今年の夏から住み始めたわけですから、全く初めてという事になります。

我が家の床暖の熱源は灯油です。

基礎全体を暖めるというシロモノらしく、入居時に営業さんから言われたのは、「シーズン最初に使い始める日だけ24時間入れっぱなしにして、基礎の芯まで温めてください。後は on/offをタイマーで設定できますから」という事でした。

暖かさの段階もいくつかあるのですが(後で確認しときます)、加減がわからないので最初「4」とかにしてみました。

・・・・暑すぎました。
夫は「半袖短パンになりたい」と言っていました(笑)
そこで慌てて窓を開け、コントローラーの目盛りを「2」まで下げました。それでもちょっと暑かったです。
まだそんなに外気温も低くなっていないせいですね。

今は最小レベルの「1」にしてあり、朝5時にタイマーが入って8時に切れ、夕方5時に再び入って11時に切れるような設定でちょうど良い感じです。

以前、知人のお宅での話ですが、そちらのお宅は2世帯住宅でした。
親世帯は床暖、子世帯はパネルヒーターを採用していました。奥さんが「床暖だとのぼせるような感じがするので、パネルヒーターにして良かった」と言っていたのが印象的で、それを心配していましたが、、、全くそれはありませんでした。
温度をうまく自分の好みや身体のと相談しながら調整する事が大事なのかも知れません。

そこで初めて使ってみた感想ですが、スリッパ無しでも足がヒヤッとしないのはとても嬉しい感じです。
(でも2階は床暖を入れていないので2階に上がるとヒヤッとしますが)

それと、外から帰った時に、玄関の中に入るとフワッと暖かいのがとても良いです。

1階は、パントリー以外は全て施工してありますので、玄関のタタキ部分まで暖かいです。
気をつけなければいけないのは、スーパーからお肉やお刺身など、生ものを買ってきた時ですね。
うっかり袋のままで玄関先とかそこら辺の床に置いて、他の事を初めてしまうと、後は、、、、。です。

これからもっと寒くなった時にどう感じるか、その辺はまた後日。



これは全くの余談ですが、うちの実家も主な熱源が灯油です。
3年前に実家を建て替えする時、ちょっと大きめの家だという事と、何かと忙しい家人ですので、灯油のタンクを一般の家庭より大きめの400リットルにしようという事になりました。

その時、400リットルだと危険物取扱の資格が必要なんじゃなかろうかという話になりました。ハウスメーカーの営業さんが調べてくれたところ、必要無いという事がわかったのですが、まだそれがきちんと判明してなかった時には、姉が「私がその資格を取る!」と即座に言ってのけたのが男らしいと思った妹(私)でした(笑)



話題にちなんだ画像がなかったので、唐突ですがパティオの画像。

雨降りのパティオ
2??〓§〓〓〓〓??.jpg

晴天の日のパティオ
patio.jpg
posted by りの at 15:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

物干し金具の話

先日の記事にご質問を頂いた事に絡んで、物干し金具の話を。

先日も書きました通り、我が家は2階のベランダに洗濯物を干しています。
(部屋干しもしていますが)

建築計画中(設計の時)、“物干し用の器具は壁から出るタイプと軒下から下がるタイプとどちらが良いですか?”と聞かれました。

壁から出るタイプとは、



こんなのとか



こんなのとか



こんな風な物の事だったと思われます。(住友不動産の標準の物がどれかわかりません。ごめんなさい。おそらく上記に近いタイプの物だと思われますが、こちらのタイプを採用される予定の方は事前にご確認下さい)

そして、軒下から下がるタイプとは、

monohosi1.jpg

↑これの事です。(これは我が家です)

私は迷わず軒下から下がるタイプの物を選びました。
なぜかというとですね、これまた私の変に神経質なところからなのですが、壁から出るタイプの物ですと、壁と干した洗濯物との距離が、軒下タイプの物に比べて若干短い(狭い)のではないかと心配したからです。
壁や網戸に洗濯物を極力触れさせたくなかったのでした。

ある程度の風が吹けば、絶対触れる事になるのはわかってるんですが、それでも極力避けたかったので、、、(笑)
後で考えれば、確認してから決めれば良かったと思いましたが。

選ぶのは、デザインや使い勝手、使わない時の収納状態など、どこを重視されるかだと思います。
(この物干し金具、使わない時は上の方にあげて、若干コンパクトに納められるとか言われたような気がしますが、私はずぼらですので出しっぱなしです。本当かどうか今度動かしてみます)

monohoshi2.jpg

これも我が家の物干し金具の様子ですが、上の画像と角度を変えて撮影した様子です。
上の方は斜め外側から内に向けて撮影してあり、下の方は廊下側から外(パティオ側)に向けて撮影しました。

ベランダは、奥行きが180cmありますが、その半分の90cm分だけ屋根がかかっています。日当たりと、雨露をしのぐのと両方取り入れてもらったような感じです。

我が家は、専門の設計士さんではなく、営業さん(もちろん建築士の資格のある方です)が設計してくれたのですが、日当たりなどは絶妙で、どこも嫌な部分がありません。
全て計算の上での事ならすごいと思います。
posted by りの at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

良い季節です

少しずつ肌寒くなって来ましたが、本格的な冬になる前に庭まわりをなんとか少しでも進めたいと思っています。
駐車スペースと、アプローチ周辺は出来ていますが、庭スペースがまだ手つかずと言っても良いほどの状態です。

次々と木や植物を植えていけば良いのですが、我が家の場合、それ以前にならないといけない事があるので手を出せずにいます。

それが何かと言うと、水はけ問題と、地表〜地下の岩問題です。
元々田んぼだった土地らしいので、粘土質が下部にあり、その上に造成した時に盛った土が、、、、「土」というよりは「土と岩と石のミックス」みたいな感じなのです。
ちょっとスコップを刺すと石や岩に当たり“ガツッ”っていって止まります。

水はけが悪いだけだったら、混ぜ物をしたり、水の逃げ路を作れば良いのですが、それプラス、直径30〜40cm大の岩を取り除く作業がありますのでなかなか大変です。
今年中には終わらないような予感です、、、。


文字だけの話しだとつまらないので、何か画像を、、、と思い、探してみたら、以前、夜になってから玄関前を撮った写真がみつかりました。

??????〓[〓??.jpg

我が家のドアは、扉そのものには窓等が無く、その両袖部分にガラスが入っていて、内部の明かりが漏れるようになっています。

この状態だと、内玄関に照明が付いている時は、両袖部分から漏れるあかりが結構明るいので、ポーチ灯いらないんじゃないか(笑)みたいな話も出たりします。

ドアの左上にあるのはポーチ灯で、遠藤照明のものです。
縦横どちらにも取り付け可能で、最初の予定では、横長に取り付けるつもりでした。(↓この画像みたいに)

????φ??〓[〓??.jpg

本体の裏側で光るタイプのもので、結構気に入っております。

これに絡んだ話しで、これは忘れてしまいたい憤慨ポイントなんですが、、、。

設計時には、このサイズを話しておき、“大丈夫ですよ”と言われていました。
なのに、いざ取り付けの日になって、電気屋さんから“このサイズじゃここにつかないよ”と言われ、その場に設計した張本人もいたのに、“えーっ!”なんて言ってる始末。
(ちなみに、この時の「“えーっ!”に含まれるニュアンスは、“付けられないの?”というものではなく“なんでそんな横長の照明選んだの、はなから無理でしょう”みたいなものでした。設計の時にサイズ言っといたじゃん!大丈夫ですよって言ったじゃん!と思いましたよ。)

縦にも横にも取り付け可能なのが不幸中の幸いでした。
縦に付けてもらう事にしてしのぎました。

という事で、言った言わないの話しになるので、絶対に口頭のみの確認はやめた方がいいです。図面の端っこにでも、メモしてもらう、またはメモしておく(日付も入れると尚可)のが得策です。

照明などは、どのような物を付けるのか(または付けたいか)決まったら、どこにどう取り付ける事になるのかを詰めるべきだったと思いました。
設計士さんが(常識にのっとって)うまくやってくれるだろう、はダメですね。
posted by りの at 10:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

食洗機の引き出し部と壁の隙間の話

三連休でしたが、1泊だけ遊びに行っていました。
観光のつもりでしたが、前日からの悪天候で、ほんの一瞬ではありましたが生命の危険を感じました。(^-^;;

??????〓.jpg

??????〓2.jpg

こんな道通ってました。画像がちょっと見づらいですね。

当初、通る予定だった道が一部土砂崩れがあったようだったので(ラジオの交通情報で聞いた)迂回しました。

迂回したのがこの画像にある道です。
海が見えるところまで来たら、夫が運転しながら「わーー!」と叫ぶので、いったい何が、、、と思って海を見たら、私も「わぁぁぁ〜!」でした。
子供も「すっごーい!すっごーい!」連発で、車内会話にならず。

場所によっては、波しぶきが車(道路)まで飛んで来ていました。
案の定、その道も途中から通行止めになったので、更に迂回して元の道に戻りました。あみだくじみたいに走った感じです。

ところで、先日、jucmodokiさんのところ(J-Urban Court 2世帯住宅建築日記 Take it easy!)で、食洗機とその脇に来る壁との干渉について話題にあげてらしたのですが、実は我が家がまさにそのトラブル(?)がありました。

我が家は既に建築済で、実際に使用していますので、その様子を。
ちなみに、我が家のキッチンはヤマハのberryです。
ちなみにちなみに、食洗機は松下の物です。

〓д??1.jpg

〓д??2.jpg

こんな感じで、食洗機の引き出し部を引き出すと、壁に擦ってしまいそうなくらい密着しています。

ちょうど、ダイニングとキッチンを仕切る壁があるのですが、引き戸がついている為に、開口部の周り縁の部分が壁よりも1cm弱ぐらい出っ張ります。

そこが、、、食洗機の引き出しとぶつかりそうでやばいです。
一番狭いところで、もしかしたら1mmないかも知れません。ギリです。

これでも、大工さんが厚みの少ない周り縁にしてくれたのでかろうじて引き出す事が出来るようになりました。
通常のものだとアウトだったみたいですね。

うっかり何も考えずにただガッと引き出すとぶつかる事もあると思います。現場監督さんからは、「なるべく壁と反対側に引っ張るような感じに引き出して下さい」って言われました。

我が家と違って、開口部がない=引き出し部分に周り縁が来ない設計=余計なでっぱりが無いという計画であればOKなのかも知れません。

でも、我が家のような場合は、どう考えてもまずいと思うのですが、、、いつもそれこそ行き当たりばったりで対応してるんでしょうか?(その場しのぎみたいな感じがしますが、という事は、こんな例ってあんまり無いんでしょうかね。)

もう出来てしまってから発覚した事だし、私としてはなんとかギリギリ許容範囲という事で大問題としてとらえませんでしたが、やはりその都度気にしながら引き出すので、使い勝手が100点満点という事は出来ません。
気になる方は計画の段階でご確認を。
posted by りの at 16:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

トイレについて思ふ

????〓〓〓.jpg

唐突ですが、実家のトイレです。

実家は、住んでいる母や姉たちが「トイレとお風呂は気持ちよい空間にしたい」とか言って作ったので、広くてなかなか良い感じです。
後ろの壁には、角砂糖みたいなタイルが貼ってあって面白いです。

便器も、ネオレスト(当時の新商品)が使ってあって、使用感も何かと良いのですが、、、ただ一つ苦言を呈するとしたら、この画像にあるようにコンセントとコード類・管類がもろに見える事です。

ドアから中に入ってまっすぐの方向に見えているのです。せめてこの写真と反対側に出ている(コード類が)ならまだ見えづらくて良かったのかも知れません。

設計時にこういう物が露出したりする事を、メーカー側の人が気を利かせて話してくれたら何か考えたかも知れません。


そして下は我が家のトイレですが、上記のようなコード類や管類が全く見えない設計になっているので、とてもすっきりです。
(J-URBANのシリーズで建築された方は、このタイプのトイレを採用された方も多いのではないでしょうか。)

〓〓??〓〓〓.jpg

こういうトイレだったら何も気にする事はないのですが、実家のような感じのトイレになさる方は、コード類や管類の処理はどうなるのか、コンセントがあるとしたらどの位置なのか等、メーカー側にお聞きになって進められると良いのではと思います。

ちなみに、、、我が家ではこの収納部分の片側にはトイレブラシを、もう片方にはペーパーのストック他、洗剤等を収納しています。結構入ります。
posted by りの at 10:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

室外機とワイドミラー。そしてクマ

今朝、通勤途中の車で聴いていたFMで、興味のある話が。
ベルギーのお話なのですが、ブリュッセルから車で約1時間ほど離れたところにあるアンデンヌという町で、毎年この時期にクマのカーニバルが行われているそうです。

その昔、9歳の男の子がクマを退治したという伝説に基づくお祭りで、大人も子供もクマの扮装(着ぐるみとか着るらしいです)をして町をパレードし、最後には市の庁舎の上から、子供達にクマの形のチョコレートやぬいぐるみを投げてフィナーレだそうです。

・・・・う〜ん、面白そう!

すごく興味があるので、ちょっとぐぐってみたところ、チョコラBBでお馴染みのエーザイさん(製薬会社ですね)のサイト、チョコラドットコムに画像入りで詳しく載っていました。かわいい壁紙もダウンロードできるようですよ。

http://www.chocola.com/download/back200503.html

チョコレートも美味しいベルギー、、、、、。行ってみたいです。


家の話となると、あまり進展がないのですが、悩み事が出て来ました。

エアコンの室外機の置き場所なんですが、、、。

ちょっと簡単な説明図を。

map1.jpg

この図では、上を北とします。
赤で印した我が家の場合、接道は東面のみで、他三方は隣地です。

今現在、1区画おいて北に既にお住まいのお宅があるのみで、他は空き地になっています。北はともかく、西隣と南隣に家が建ってしまえば良いのですが、西側を通る道(結構交通量有り)からは丸見え、というか結構目立つ存在になると思います。

東面の道路は幅員4.5m位だったかと思います。住宅地の中に入った道路なので、交通量はあまりなく、路駐なども多いです。

設計開始当初は、敷地に入ったら南側に回り込んで東南の位置に玄関を、という形も考えましたが、結局東側に玄関を持ってくる事になりました。

という事で、家の「顔」は東面となっています。
つまり、東側に室外機を置く事は、営業さんの強い勧めもありNGという事になるかと思います。

現在エアコン(隠蔽工事)を考えているのは4台あり、西側の2台分は、裏手になる西側に設置可能(でも今は西側の道路から丸見えなんですが)な為悩む事も無いのですが、東側の2台が問題です。

上記の話をふまえると、南側に2台置くしか無いという事になるのですが、南側には立水栓も置きたいし、家の南側にあるパティオから庭への行き来の邪魔にもなります。(我が家はパティオを壁で閉じない計画)

そこで考えたのは、2階ベランダに1台を設置。という案です。
同じ場所に2台分の室外機を並べて置くのはボリューム的というか見た目的にきついような気もしましたので、その旨を営業さんに伝えました。

すると、、、FAXで帰ってきた答えは、「片方は普通に南面に設置し、もう一台分はパティオの中」というものでした。

・・・・・パティオすか?
これ、もっときつくないですか?

どうなんでしょう。私的には嫌だけどなあ。
夫も「パティオでお茶飲んだり遊んだりしてるところに、室外機の風が出て来るわけだろ?」と、納得行かない様子。

2階ベランダに置けないのかなー。
2階の部屋のエアコンなんだから、1階まで下ろして来るより良いと思ったのに。

南面に2台並べて置いて、何か造作で目立たなくするしかないのだろうか。
ちょっと悩む日が続きそうです。

それと、お風呂のワイドミラー。
「窓の関係で、一部ミラーを切るか、縦型のミラーになりますがどっちにしますか」
って、、、。

・・・・ワイドミラーを切る?
これもきつくないですか?


室外機パティオ案とミラー切断話に、、、
チックッショー!!

って感じです。
今日は私も小梅日記でした。
posted by りの at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

悪あがきは続くよ

先日、今頃になって「窓の形を変えたい」と言っているアホアホ夫婦(我々です)がいると書きましたが、遅かったです。ダメでした(^-^;

もう着工しているので、あまり営業さんも相手にしてくれなくなって参りました(笑)が、ここへ来てまた一つ、希望を伝えるタイミングを逃していた事があるのに気が付きました。

お風呂の蓋なんですが、どうも巻き蓋が好みではないので、板状の蓋(2枚ぐらいになっているもの。組み蓋というらしい)にしたいと前々から言っていたのでした。
それを営業さんに伝えるのをすっかり忘れていて、つい先日思い出したのでした。

まず、
・対応できる組み蓋があるのかどうか
・それが存在する場合には、お風呂に入る時に蓋を立てかけて固定するフック の用意があるのかどうか
・我が家で決めたタイプのお風呂にもそのフックを付ける事が可能かどうか

これを確認する為にINAXへTEL。
営業さんの頭ごしに直接電話してしまいましたが、確認するだけなので良いかと思いました。
そうしたら、帰ってきた返答は2種類でした。

・サーモバスにグレードアップすると、サーモバス対応の組み蓋が付く。
・別グレードの湯船には組み蓋があるので、それを別途購入する

もちろん、専用のフックがあり、我が家で選択したシスバスにも取り付け可能だそうで。

この2つのうちのどちらかを選択する事になります。
前者は金額的には痛い(と思う)けど機能的にもアップ。
後者は単純に蓋のみ購入なので、かかっても2万円(フックやフックの施工費も含めて)ぐらいではないかと予想しています。

さあどうしよう。(たぶん、ていうか概ね、ていうかほとんど後者かなー)
posted by りの at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

シスバス

先日はキッチンの話でしたが、今度はお風呂の話を。

取り扱いメーカーのうち、迷ったのはヤマハとINAX。
機能面のヤマハと見た目(笑)のINAXという印象が私の中にはありました。

ヤマハはとても人気があると聞いていますが、あのひょうたん形?の浴槽の形がどうも苦手で、ミラーもオーバル形だったのがどうも私には、、、。

で、INAXは、見ていたカタログが古い形の物だったので、カランからお湯を出した時に洗面器等を置く台(?)みたいなところがまな板(爆)みたいでどうもなー、と思っていました。
でも、グローエの水栓金具がとてもいい!(シャワーヘッドやカラン等)
やっぱりグローエの水栓金具はいいな〜。

と思っていたら、INAXのシステムバス(標準)が新しく変わっていて、嫌だったまな板(笑)部分が変わっていました。
やったー。
これで心おきなくINAXに決定しました。あーよかった。
posted by りの at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

キッチンあれこれ

家を建てる作業には、「選ぶ」事がまあ次々と出て来てます。
住宅設備の中で大きな物としてキッチン・お風呂・洗面化粧台がありましたが、その中でもキッチン。

以前、ミカドのアティスタシリーズで気に入った物があったけれど諦めた話をしました。
そしてその後、どうなったかと言いますと、結局、ヤマハのキッチンにすんなり決まりました。

どういう流れだったか忘れてしまったけれど、夫と二人で突然、ヤマハのショールームに行ってみたのですが、その時、考えもしていなかった扉面の色と人造大理石の天板の組み合わせを見て、「これいい!」となったからでした。

話が飛びましたが、私がキッチンで重視した点の一つは、天板とシンクのつなぎ目の溝が目立たない事。つなぎ目の溝が目立つ物は、そこに水が貯まって不潔になるのがどうしても嫌だったのだ。
こまめに掃除するような人間ではございませんもので。ホホホ。

もう一つは、キッチン全体の見た目。
その中でも扉を開け閉めする時に掴む取っ手の形と質感。
これが気に入った物じゃないと嫌でした。

あるメーカーでは、取っ手が気に入る物が全く無く、他のシリーズ(上位シリーズなど)の物と取っ手だけ取り替える事は不可能だという話でしたので×。
デザイン他は悪くなかったので残念でしたが、気にしない方からすれば、こんな些細な事と思うような部分でも、私には許せませんでした。

また、別のメーカーの物は、とても人気があるという、そのメーカー独自の機能の見た目が私にはどうしてもダメで×。
使い勝手は良いんだろうなと思いましたが。
面材も気に入った物がなかった事もありました。

ヤマハは、取っ手の形も嫌いではなかったし、余計な装飾も無かったし、何と言っても天板とシンクのつなぎ目に溝などが全くない!まさにこれ!と言った感じでした。

キッチン全体のイメージとしては、一番最初、「家全体として、床が白っぽくて建具がダークだから、キッチンは天板が白で扉面がダーク色かなあ」と、カタログを見ながら漠然と思っていました。
特に天板は白しかないでしょうと思っていましたが、、、。

ところがところが。

私が選んだのは、扉面が白(ホワイトシカモアなのでうっすらと縦の木目が見える物)で天板がベージュの人造大理石。そしてマーブルシンクが白。
まあ無難なところ?なのかも知れませんが、とても満足しています。
そしてキッチンの壁紙をうっすらグリーンの入ったものにしたので、とても出来上がりが楽しみ。

実は一番最初は、キャンペーンでカフェキッチンが付く事になっていたので、完全にオープン型のキッチンにする予定で図面を引いてもらっていました。(吊り戸棚も無いタイプ)
ところが、色々と事情があって、結局キャンペーンの有効期間を過ぎてしまい、カフェキッチンはなくなってしまう事に。

そこで、オプションの費用を出して当初の計画通りにオープンキッチンにするか、標準のキッチンにして壁付けにするかで、ひと悩み。
最初から対面型か、それでなくてもオープンなキッチンを希望していたんですが、、、。

結局、思い切ってクローズ型のキッチンにする事にしました。その代わり、シンクの前に小さな窓を設け、窓の外側には何かグリーンを植え、外を眺めながら(?)炊事という事に相成りました。

ただ一つ、キッチンでオプションを取り入れたのは水栓金具。
ハンドシャワーの物にしてもらう事にしました。
特に掃除の時など、これがあると無いとでは、使い勝手が全く違うので絶対これに。

今のところ、一番出来上がりが楽しみなのがこのキッチン。早く見てみたいものです。
posted by りの at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

素人の浅はかさ

営業さんとの打ち合わせもほぼ終え、やる事なくなって来ました。
つまらないというか、手持ちぶさたというか、言い表しようの無い感覚です。

が、

しつこい様ですが、照明計画(出た!)がまだFIXしてません。
っていうか、今、頭の中は↓

照明・照明・照明・2階手洗器・照明・照明・2階手洗器・照明・・・以下無限ループ

みたいな。全く持って結論出ません。

(カーテンもまだ決めてないけど、それはまた後で悩む事に)

でも、照明については、デザイン的な好みももちろん重要だけれど、各部屋の容量に対して必要な明かりの量というのは、なかなか私のような素人にはわかりづらい部分があって、単純に「これとこれが好き」だけで進めると痛い目見ますよね。

そこで、プロのアドバイスを受けつつ、実際に物を見てみようという事になり、松下電工のショールームに行って来ました。
とりあえず、松下電工のサイトからネットで来場予約。

返信のメールが来たのでそれを印刷し、図面と共に持参しました。

ここは、一度実家を建て替える時に足を運んでおり、その時も綺麗なお姉さんが親切に案内をしてくれた記憶が。

そして今回も、綺麗な方が色々な事を説明して下さいました。

リビングのメインに決めたシーリングが実際にあり、点灯と消灯時も見せて頂いたら思った通りでこれはOK。
内玄関に決めていた小さめのシャンデリアは、思っていたイメージとちょっと違ったので、また悩みの種が増えました。(もっとシャープだと思っていたら、予想よりも少しほんわかしたイメージだったのです。)
でも、実際に見ていなければ、いざ取り付けてから「むむむ」と思う事になっていたと思うので、行ってみて本当に良かったと思います。

そして、階段室と吹き抜けに考えていたブラケット(以前、“ロボコップの目の部分みたいなやつ”と書いた物)が、計画していた数では全く光量不足だった事がわかりました。(これは松下電工の製品ではありませんでしたが)

もっと大きなものにするか、照明の数を増やさないと、暗い階段と吹き抜けになっていたという事ですね。
うす暗い階段と吹き抜けってなんか嫌では、、、(汗)

そしてダクトレール。
我が家では一カ所、ダクトレールを取り入れる計画で、そこに小型ペンダントとスポットを取り付ける予定です。

ショールームのお姉さんのお話ですと、「新築でしたら埋め込みの方がよろしいかと」という事で、全く持ってその通りだなと思いました。埋め込みと外付けでは、すっきりさが全然違う!

そこで、先日の打ち合わせで選んで来た時の話の流れや雰囲気を思い返してみると、埋め込みにするなんて話は一切出てなかったような気が。それとも「当然埋め込み」という前提での話だったの?
・・・という事で、確認事項が一つ出てきました。

最後は、帰り際に、我が家の階段室と吹き抜けに相応しいと思われる照明が載っている部分のカラーコピーを頂いて来ました。(それが載っているカタログはプロ用の、かなりぶ厚い物で一般には配布していないと思われます)とても有意義な時間でした。
あ〜、行って良かった。と心から思っています。

#ちなみに、先日のJ-URBAN コートのモニターハウス見学は延期になりました。
 また今度伺ってみようと思っています。
posted by りの at 15:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 設備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。