2014年06月14日

ビエドゥー

デルバールの“ビエドゥー”です。(久々のくせにいきなり始める私)

H26.6.11 ビエ・ドゥー.jpg

「ピンクに白のシャドーストライプ」と説明されているのですが
よ〜く目を凝らして見ないとわかりづらい程の奥ゆかしさです。
普通にご近所のお庭で咲いていたら

「まあ綺麗なピンクの(普通の?)バラだわ」と

なりそうな。

でもこれが、切り花にして水に刺しておいて、更にそこに
ズボラが加わって刺しっぱなしにして花びらの水分が少なくなって
来たころ(説明が長いわ)、ピンク色が濃くなり、その
“白のシャドーストライプ”が主張して来て
「おお〜、まさに絞り!(はっきり見える)」となります。

果たしてそれが良いのか悪いのか、決して大威張りで言う事が出来ない
アレな感じですね。
デルバール関係者の皆様なんかすいません。

あ、わかった。わかりました。
「ドライフラワーにするとわかりやすくなります」←声高に

こんなしょうもない話でよくこんなに引っ張れるなと
お思いでしょうが堪えてください。

それと、去年まではどうにか頭に入っていたのですが、
今年の頭に植え替えをした時からなのか、、、
一体いつ購入した何の種類かわからなくなってしまった
バラがいくつかあります。

そのうち2種類が↓↓↓コレ。

それぞれ、ファイル名を
「なんでしょう」
「はてな」
と付けています。どうしましょう。


H26.6.11なんでしょう.jpg


2011.5.24 はてな.jpg









2
posted by りの at 11:57| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

これが噂の

我が家のバラ 「ディスタントドラムス」さんなんですが、、、

10.6.5 ディスタントドラムス.jpg









根本からやけにスルッとしたシュートが出てるので怪しいなと思って

いたのですが案の定。

いわゆる「先祖返り」というヤツですか。


慌てて切ったので画像がないのですが

いつものディスタントドラムスの花の脇にボルドー系の小花が

沢山咲いてましてですね、、、(汗)


ウィークスでは台木にノイバラじゃなくつるばらを使ってると

聞いていたのですが、ドクターヒューイを使ってるらしく、

確かにそんな感じの花でした。

マジじゃね?って感じですw


一度先祖返りしてしまうと、台木の樹勢の方が強くなって、

枯れてしまう事もあるとかで、注意して見届けたいと思っておりまする。

どうも怪しいと思った時点で切っておけば良かったです。
posted by りの at 10:24| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

遅ればせながらバラ

実は、ここしばらくバラに対する興味と云いますか、

ガーデニング全般に対する情熱を失ったように思っていました。

いや〜、私も飽きっぽいのかな〜、なんて思っていたのでした。

冬場のバラの手入れもほとんどせず、もう春の声が聞こえて来て

慌ててと云うか仕方なくといった感じで肥料やったりとか。

剪定もいい加減なもんでした。

でも、あちこちで桜が咲いて春が来て、バラが咲いた頃から

急に庭仕事への情熱が蘇って来ました。

知り合いの花屋(と云うか苗屋さん)に行ってそんな話を

したら、「あ、この頃そうおっしゃるお客様とても多いですよ。おそらく

震災の影響もあるんじゃないでしょうかね」と言われ、なるほどと思いました。


さて、我が家のバラは、そんな手入れだったにもかかわらず

綺麗に咲いてくれました。

特に、アイズ・フォー・ユー嬢は、お蝶夫人ばりにエレガントに

咲き誇りました。

eyes

鉢植えですが、今冬にでももっと素敵な鉢に植え替えてあげようかな。






こちらは絞り倒している、かおり嬢。

H24.6.3kaori.jpg










地植えにしたゴールデン・セレブレーションは

だいぶ暴れていや、旺盛です(笑)H24.5.26ER-GldClb.jpg










そういえば、今日は娘の小学校からメールが送信されて来ました。

天候が荒れてるから登校時に気をつけるようにって。
時間ずらしてもいいとかなんとか。

まあそれはそれで有難いし、便利な世の中になったものだ

なあと思いますが、、、、。

昔はメールもなかったし、自分の時どうしてたかなって

思い返しましたが、結局は自己責任と云うか、それぞれの

親の判断でやってましたよね。

いちいち学校側からこういう働きかけしなきゃいけない時代って

情けないと親側が感じなきゃいけないんじゃないかなと。

我が子の責任は誰が持つのかって言ったら、親でしかないんですから。
posted by りの at 12:19| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

今頃植え替え

今冬のあの寒さでは、老体にはかなり堪えるので(笑)
バラの植え替え、5月に入ってから始めました。
すみませんすみません。非常〜に申し訳ないふらふらと、
バラ各位にお詫び申し上げたいです。

まあ植え替えた殆どが鉢増しなので、根鉢崩してないし〜
とか言い訳がましい私ですが、バタースコッチだけは
ちょっとだけ根鉢崩しちゃいました(汗)
掟破りっすね。
大丈夫でしょうか。わかりません。(滝汗)

東北地方だし、蕾はもうちょっと先かなーと
思っていたら、アイズ・フォー・ユーって早咲きなんでしたっけ
 ↑
すっかり忘れている

小さな蕾がいくつも付いていました。
以前は、我が家で一番最初に開花するバラといえば
ジャクリーヌ・デュ・プレだったのですが、
昨年テッポウムシにやられてしまい枯れ、もうやだ〜(悲しい顔)
あの綺麗な赤いしべの花が今年から見られなくなりました。


さてさて、家の東側の雨樋にところにつるバラでも、、、と画策
していて、ずーっとどの品種にしようか考えているんだけれど
なかなかまとまりませんでした。

どうせなら玄関ポーチの屋根の上まで這わせようかとまで
思いましたが、だとすると誘引の時に梯子作業は必須、、、。

乗れるか? いや、私しゃ乗れない。
夫に頼むか? いや、あの人にはとても任せ切れないw

などと脳内で葛藤があり(笑)結局無理なのでランブラー系は
避ける事にしました。
キフツゲートとか好きなんですけどね、、。

で、イングリッシュローズの古い品種で気に入ったのが
あって、それにしたいと思ったのですが今この季節にそんな事
言い始めても案の定、バラの家さんでも売り切れてるし。

とか毎日葛藤していたところ、近所の園芸屋さんに
フラッと行ってみて長尺苗を見たところ、あっさり
マダム・アルフレッド・キャリエールに決めてしまいました。

考え始めた頃は、ナエマにしようかなと思ったのですが
我が家の東側にある他のバラとの組み合わせを考えると
やや甘すぎになってしまうのでやめました。
ナエマ、一度香りを嗅いでみたいな〜と思っていたのですが。

デルバールもですが、イングリッシュローズも今年の品種は結構
興味ある感じです。もうこれ以上買えないけど。表向きは(笑)
posted by りの at 12:04| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

秋バラその2

先日書いたブルームーン(もう「つる」とかんむり付けるのやめましたw)

の話ついでに、他の秋バラの話を。


私が庭の手入れをする事について、ご存知のとおり

夏以降は仕事が繁忙期な事もありまして、かなり

量も質も低下します(^-^;


そんな中でも、「また咲いてるわ」という健気な方たちが

います。

いつもこの御二方(笑)なのですが、

「ディスタントドラムス」さんと「すかいらーく」さんです。

もう、あまりに立派なので「さん」付けです。


画像が無くて申し訳ないのですが、、、。


しかも、ディスタントドラムス様に至っては

鉢植えなのにですよ。(もう「様」付けです)


他の品種たちときたら「もう僕は今年はいいよ」と

どっぷり安めの姿勢なのですが、この御二方は

「いえ、わたくしまだやれます」と。


あ、今春地植えにした「ゴールデンセレブレーション」も

今この時期に大きな蕾を2つ付けました。えらい。

冬剪定の時に玄関前の壁に誘引しようと思っています。

来春が楽しみです。




さて、だんだん面白くなってきた「クンチョゴワン」ですが

従者ポックゴムの役がとても素晴らしい、、、。

27〜28話あたりになったらあまり出番がありませんが

これからも期待大です。


パユンも可愛らしいです。

 #パユンのお父さん役の方、砂川◯介さんに似ていませんか、、。



posted by りの at 10:19| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

正直、すまんかった

また滞っておりました。

・・・すっかり秋ですね。



今年の夏は猛暑で、仕事の忙しさが倍増した事もあったし

暑いの大嫌いな私は庭に出る事も激減し、手入れも怠り勝ち、、、。


夏の間、手入れをさぼりにさぼりまくるとこうなるんだな、というのが

今我が家の庭に出るとよくわかります。

本当に申し訳ない気持ちでござんす。


秋バラのシーズンですが、「まあ素敵」という具合に咲いているのは

さすがにほとんど無く、、、。ハイ私のせいです。


かろうじて3〜4輪ほど咲いているのがバターカップ、グルマルディ、

ディスタントドラムス、ヌリアドゥレコロンスぐらいですか。

ほめてあげたい。


そんな中、「まあ素敵」状態にいくつも咲き誇り、沢山蕾を上げている

唯一のバラがあります。

それは、、、「スカイラーク」です。

この品種、こんなに強いと思いませんでした。

輸入苗なのですが、今年の2月頃に鉢植えから庭植えにしたら

グングン頭角を現し、よく咲くし病気にもかかりにくいとても良い子

だったという事がわかりました。隣に植えたディオレサンスの状態と

えらい違いだわ、、、。

こんな事なら、もっと道端から見えるところに植えれば良かったなと

後悔。


同じイングリッシュローズでも、ゴールデンセレブレーションの

勢いがなぜか今一つ。


春先に掟破りの彫り上げをした(庭の改造の為)コンテド

シャンパーニュは一旦瀕死っぽくなったけど、今はもう

「まあちょっと落ち着け」と言いたくなるほど元気良いのに、、、。


何が原因か探らねば。

posted by りの at 11:33| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

うっかり買い。でもやっぱり綺麗

楽天市場の「バラの家」さん。

何と言っても種類が豊富なのでとても御世話になっています。

欲しいと思った品種名をググると必ずといっていいほど

バラの家さんにヒット。


メルマガもほとんど目を通していますが、先だって

お得な値段で苗を購入できるとあって見に行ったら、、、

欲しいと思っていた品種があるではないですか。しかも安い。



・・・・困るね(笑)



しばし悩んだあげくブラウザを閉じました。

三日後ぐらいに再度見に行ったらまだあった、、、。


またブラウザ閉じる。


そのまた翌日見に行ったら、、、まだある。


え〜〜〜い買うたるわ(爆)




HTのヒストリー。

抱え咲きのゴロゴロさ加減がツボで、前々からいつか買いたいと

目を付けていた品種です。

蕾がいくつか付いて届いたので、今1輪ほど咲いています。






ニコールミウラン。

オレンジ・アプリコット系好きとしては捨て置けない品種。

赤いポットが印象的なギヨーのものです。

秋には咲くかな。楽しみです。





・・・・・で、延期になっていた庭の改装ですが、

今ちょっと調整中です。


というのも、パティオに付いているガラスサッシ(はめ殺し)を

別なものに変える(安全性の問題だったような気が)工事の準備が

できたとの連絡が住友不動産の方より入りました。


足場を組み、外壁の補修も入る本格的なもので、工期は三週間だそう。


そこで当方では庭の工事が入る予定がある旨の話をしたところ、

できれば庭の改修前に工事を終わらせたいとの事。



確かに庭が先に完成しちゃった場合、できたばかりの庭を

損傷でもしたら、補償とか面倒な事になる可能性もあるでしょうし、

サッシ工事を先に終わらせたい気持はわかります。


てことはまた庭の改修延び延びですか、、、。

秋口になりそうな予感。ふらふら
posted by りの at 22:45| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。