2012年07月05日

遅ればせながらバラ

実は、ここしばらくバラに対する興味と云いますか、

ガーデニング全般に対する情熱を失ったように思っていました。

いや〜、私も飽きっぽいのかな〜、なんて思っていたのでした。

冬場のバラの手入れもほとんどせず、もう春の声が聞こえて来て

慌ててと云うか仕方なくといった感じで肥料やったりとか。

剪定もいい加減なもんでした。

でも、あちこちで桜が咲いて春が来て、バラが咲いた頃から

急に庭仕事への情熱が蘇って来ました。

知り合いの花屋(と云うか苗屋さん)に行ってそんな話を

したら、「あ、この頃そうおっしゃるお客様とても多いですよ。おそらく

震災の影響もあるんじゃないでしょうかね」と言われ、なるほどと思いました。


さて、我が家のバラは、そんな手入れだったにもかかわらず

綺麗に咲いてくれました。

特に、アイズ・フォー・ユー嬢は、お蝶夫人ばりにエレガントに

咲き誇りました。

eyes

鉢植えですが、今冬にでももっと素敵な鉢に植え替えてあげようかな。






こちらは絞り倒している、かおり嬢。

H24.6.3kaori.jpg










地植えにしたゴールデン・セレブレーションは

だいぶ暴れていや、旺盛です(笑)H24.5.26ER-GldClb.jpg










そういえば、今日は娘の小学校からメールが送信されて来ました。

天候が荒れてるから登校時に気をつけるようにって。
時間ずらしてもいいとかなんとか。

まあそれはそれで有難いし、便利な世の中になったものだ

なあと思いますが、、、、。

昔はメールもなかったし、自分の時どうしてたかなって

思い返しましたが、結局は自己責任と云うか、それぞれの

親の判断でやってましたよね。

いちいち学校側からこういう働きかけしなきゃいけない時代って

情けないと親側が感じなきゃいけないんじゃないかなと。

我が子の責任は誰が持つのかって言ったら、親でしかないんですから。
posted by りの at 12:19| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

ゴールデン・セレブレーション

東面に地植えしたゴールデン・セレブレーションが咲きました。
まさかこの品種が一番最初に咲くと思ってなかったのでなんだか
嬉しいです。

狭苦しい場所に植えたんですけど頑張って大株になりつつあります。
画像はまたそのうちに。

さて、娘の運動会目前で、弁当問題に頭を悩ませております。

去年は確か、肉巻きおにぎりにしたんだっけか。
今年はサンドイッチでも作ってみっかなぁ〜。
と、惣菜屋のおっさん的なオーラが出ている気がします。

とりあえず全てのメニューは決めたので、後は買い物。
前日夜に仕込みをして当日は5時起きですかね。
おっとカメラのバッテリーも充電しとかないと。


バラの話に戻りますが、根鉢を崩したという
バタースコッチは、植え替え前と植替え後に何の変化も
なく、「しーん」という感じです。

同じく、今月購入したばかりの長尺苗、
マダム・アルフレッド・キャリエールも、鉢増ししたにも
かかわらず「ちょっとはなんとか言ったらどうなの」と
言いたくなるぐらいの「しーん」ぶりです。

その他は、みなそれなりの成長ぶりを見せていますが、
相変わらず心配なのは「ポール・セザンヌ」
確かもう我が家に来て3年目になるというのに
あの子だけなんであんなにヒョロヒョロなんでしょう。(^-^;)

結構気難しいと言われているらしいERの「ザ・プリンス」すら
結構立派になって来たと言うのに、奴と来たら
また今年も新苗扱いです(笑)、、、いや笑えない。

花を見たくて育てているのに摘蕾しなきゃいけないのは
理不尽というより他ないですが、バラにも個性があるという
事で、長い目で見る事にします。

最近、雨降りが多いので、黒点が心配です。
できるだけ薬品は使いたくないのですが、黒点対策、何か
良い方法はありませんかねえ。
posted by りの at 16:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

そういえばのカラス被害

我が家の一番背の高い庭木はアオハダなのですが
カイガラムシの被害で、5本の株立ちのうち
高い方の2本が枯れましたもうやだ〜(悲しい顔)

その枯れた部分をそのままにしていたら、
ある日ガラス窓越しに外で何かがバサバサうごめいている。

なんぞや? と思ったら、カラスがアオハダに止まって
枝を加えてバキッと折ってるじゃありませんか。
枯れてるから簡単に折れるわけなんですけれども。

奴らは「これ、枯れてる」ってわかるんですかね。
まあそんな事はどうでも良くないが良いのですが、
毎年花が咲くのを楽しみにしていたクレマチスの
モンタナ・ルーベンスの茎も結構食いちぎられていて
せっかく付いた蕾が萎れているところが
沢山、、、。

ゆ、、、許せん、、、ちっ(怒った顔)

おまえら枯れた枝だけ持っていってたんじゃないんか。
ていうか、枯れた枝あれだけやっただろ。
なんで生きてるのまでちぎって持っていくんだー!

今日も、つがいのカラスがその辺を飛んどります。
何か対策は無いもんでしょうかね。
がっかりですわ。

posted by りの at 17:52| Comment(0) | 外構・庭まわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

今頃植え替え

今冬のあの寒さでは、老体にはかなり堪えるので(笑)
バラの植え替え、5月に入ってから始めました。
すみませんすみません。非常〜に申し訳ないふらふらと、
バラ各位にお詫び申し上げたいです。

まあ植え替えた殆どが鉢増しなので、根鉢崩してないし〜
とか言い訳がましい私ですが、バタースコッチだけは
ちょっとだけ根鉢崩しちゃいました(汗)
掟破りっすね。
大丈夫でしょうか。わかりません。(滝汗)

東北地方だし、蕾はもうちょっと先かなーと
思っていたら、アイズ・フォー・ユーって早咲きなんでしたっけ
 ↑
すっかり忘れている

小さな蕾がいくつも付いていました。
以前は、我が家で一番最初に開花するバラといえば
ジャクリーヌ・デュ・プレだったのですが、
昨年テッポウムシにやられてしまい枯れ、もうやだ〜(悲しい顔)
あの綺麗な赤いしべの花が今年から見られなくなりました。


さてさて、家の東側の雨樋にところにつるバラでも、、、と画策
していて、ずーっとどの品種にしようか考えているんだけれど
なかなかまとまりませんでした。

どうせなら玄関ポーチの屋根の上まで這わせようかとまで
思いましたが、だとすると誘引の時に梯子作業は必須、、、。

乗れるか? いや、私しゃ乗れない。
夫に頼むか? いや、あの人にはとても任せ切れないw

などと脳内で葛藤があり(笑)結局無理なのでランブラー系は
避ける事にしました。
キフツゲートとか好きなんですけどね、、。

で、イングリッシュローズの古い品種で気に入ったのが
あって、それにしたいと思ったのですが今この季節にそんな事
言い始めても案の定、バラの家さんでも売り切れてるし。

とか毎日葛藤していたところ、近所の園芸屋さんに
フラッと行ってみて長尺苗を見たところ、あっさり
マダム・アルフレッド・キャリエールに決めてしまいました。

考え始めた頃は、ナエマにしようかなと思ったのですが
我が家の東側にある他のバラとの組み合わせを考えると
やや甘すぎになってしまうのでやめました。
ナエマ、一度香りを嗅いでみたいな〜と思っていたのですが。

デルバールもですが、イングリッシュローズも今年の品種は結構
興味ある感じです。もうこれ以上買えないけど。表向きは(笑)
posted by りの at 12:04| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

着物話ついでに

着物の話になったので、それに付随する事を。

着物の時の髪型、悩みませんか?

私は娘の七五三の時に訪問着を着たので

その時は結構悩みました。



いまどきの成人式女子の様子を見ると、かなりの

確率で「盛りながら垂らす」系の髪型が

多いですよね。表現しきれてませんか(笑)

すみません(^-^;)


まあ、若い女子にとっては流行りが全てなので

みんな同じに見えますけどどうかがんばって下さいとしか

言いようがないのですが

私がこの年で同じ事やってたら

「なんか痛い人いる」でしばし話題になるのがオチかと。



また逆に、普通にアップにして三味線のバチみたいな簪でも

挿そうものなら「お店のママ来た」となりそうな

予感。


いかにしてその中間を狙って行くかというところで

考えました。


◎和風の簪は使わない

◎美容室で借りない。どんなのがあるかわからないし。


というわけで、自力で揃える方向で色々と調査した

ところ、韓国の物になかなか良さ気なのがありましたよ。


という事で、私が実際に使用したのがこちら↓

cochi-31-2.jpg

韓国の簪は「コチ」というのですね。

これはカーネリアン(天然石)などを使っているそうです。


上のコチがあんまり大ぶりでないものなので、↓ と二個使いにしました。

cochi-29-2.jpg

前髪を横に流しつつ頭頂部〜後ろにかけて少しボリュームを出してもらい、

後ろの方に髪をまとめ、その部分に挿してもらいました。



後から見つけて、これもさり気なくて良かったかなと思ったのが

cochi-35-2.jpg

珊瑚と銀細工だそうです。


あとは、洋風の物を使うのもいいなと思いましたが、なかなか

気に入るものは探せなかったです。

こんなのも使い方によっては素敵になりそうです。

img58678970.jpg


バッグは和装用ではないものを使いました。

さすがにTPOを考えて小ぶり(フォーマル用)の物です。


着物が水色系・帯が白地と来て、帯揚げがクリーム色系

だったので、まあバッグも薄いクリーム色で良いかなと。


舟型のハンドバッグなのですが、これが結構

ここぞという時によく使っています。

結納の時に慌てて買った物(笑)なんですが着物にも

合います。


着物屋さんからは写真を送ってくれ(着用したところが見たい)

と言われ、ハイハイと言っておきましたが

あれから一年半経ちましたが未だに送ってませんw

どうもすみませんねえ(笑)
posted by りの at 16:04| Comment(0) | 雑貨・小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

着物

着物が好きです。

と言っても、ちょくちょく着たりしているわけでは

ありません。

娘の入学式の時も無難に洋服で済ませましたし。


でもやっぱり好きなので、七緒とかつい買ってしまいます。

本当は、普段もちょっと着てみたいのです。

暑くなって来たら、しじらとかさり気なく着てみたい〜。




昔から、とある着物屋さんが好きでした。

いつ頃からでしょうか

母や姉がその着物屋さんで購入する時、一緒に付いて行って

目の保養をしたものでした。


眺めるだけでドキドキするようなあの感覚。

色・柄共に独特な世界に強烈に惹かれました。


その着物屋さんも、先代の女主人が亡くなって

代替わりをし、今は娘さん(娘さんと言っても今となっては

とっくにお孫さんもいらっしゃるご年齢)とその息子さんが

切り盛りされているようです。

代替わりしたのももう10年以上前だったと思います。(15年

とか経ってるような気もします)


こう言っては何ですが、、、

代替わりしてからというもの、あの胸躍るような

感覚の物に出会う事はめっきり少なくなりました。

うちの姉も私も、女っぽいものより、ピリッとした

切れ味の良い感じの物(モダンという意味ではないです)や

「おもしろい」モチーフが好きなのですが、今の女主人は

どちらかというと良く言えば「たおやか」とか

「女らしくて無難」な感じの物がお好きなように感じます。

「無難」というのは、その店にとって決して良い事ではないと

思いますが、こればかりはお好みだからしょうがないのでしょう。


それと、商売がちょっと強引になったかな、、、。

スタッフの方皆さんが懐が深くて「いつでもおいで下さいな」と

いうようなさり気ない感じだったのに、そうではなくなって

しまったように思います。

いや、そんな商売はもう許されない時代になったのかも

知れないですね。


でも、なんだかんだと失礼な、わかったような事を連ねて

しまいましたが、誰しもが私のように感じているわけでは無いと

思いますし、時代は変わっていくし人の感覚も変わり

ますから、これからも唯一無二の世界を続けて行って

頂きたいものです。

好きだからこそ気になっているのです。
posted by りの at 17:35| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

近況

昨年末、階段を駆け降りていたら突然、

左膝が「ポキッ」といいまして。


ポキッ? と思った瞬間、激痛。

うずくまったまま、しばらくどうする事も出来ず

立てないしもちろん歩く事もできずで。


しばらく休んだ後、なんとか立ち上がり、階段を

時間をかけてゆ〜っくりと降り

(後ろ向きだとなんとか降りられました)



いやしかし、「痛くて立てないんですよ」とか

「歩けなくなっちゃって」とか言う人の話を見聞きして

来ましたが、「またまたそんな〜(大袈裟な〜)」と思って

話半分に聞いていた私ですが

本当に立てないとか歩けないとかあるんですね。

反省しております。申し訳ございません。


今年に入ってからは、

久々に風邪ひいたなと思ったら咽から耳に来てしまい

中耳炎に。

生まれて初めてです。

その流れで(何の流れだよ)結膜炎にもかかり、

お次は娘のインフルエンザ。



そんなこんなで色々忙しい毎日なので

韓ドラもなかなか視聴が進みません。


好きだったクンチョゴワンも終わってしまい残念。

姫さま達が身につけていたアクセサリーとか

眺めるのが好きだったんだけどなあ〜。


特にイヤリングが綺麗で、自分でも作ってみたく

なっております。

いっちょ道具を引っ張り出してやってみようかな。
posted by りの at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

秋バラその2

先日書いたブルームーン(もう「つる」とかんむり付けるのやめましたw)

の話ついでに、他の秋バラの話を。


私が庭の手入れをする事について、ご存知のとおり

夏以降は仕事が繁忙期な事もありまして、かなり

量も質も低下します(^-^;


そんな中でも、「また咲いてるわ」という健気な方たちが

います。

いつもこの御二方(笑)なのですが、

「ディスタントドラムス」さんと「すかいらーく」さんです。

もう、あまりに立派なので「さん」付けです。


画像が無くて申し訳ないのですが、、、。


しかも、ディスタントドラムス様に至っては

鉢植えなのにですよ。(もう「様」付けです)


他の品種たちときたら「もう僕は今年はいいよ」と

どっぷり安めの姿勢なのですが、この御二方は

「いえ、わたくしまだやれます」と。


あ、今春地植えにした「ゴールデンセレブレーション」も

今この時期に大きな蕾を2つ付けました。えらい。

冬剪定の時に玄関前の壁に誘引しようと思っています。

来春が楽しみです。




さて、だんだん面白くなってきた「クンチョゴワン」ですが

従者ポックゴムの役がとても素晴らしい、、、。

27〜28話あたりになったらあまり出番がありませんが

これからも期待大です。


パユンも可愛らしいです。

 #パユンのお父さん役の方、砂川◯介さんに似ていませんか、、。



posted by りの at 10:19| Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

秋バラの美しさ

私は夏が嫌いな上に虫嫌い、特に蜘蛛の巣が大嫌いなので

暑い時期に庭に出るのが非常に苦痛です。


そんな人が庭づくりなんてやっちゃいけないのでしょうが

やっちゃったもんはしょうがない(卑怯者)


てなわけで、初夏からのバラの手入れも

極端に悪くなるのが毎年のコースです。

・・・すんません。


なので秋バラもそんなに咲くわけもなく

花数も少ないのですが


咲いてくれました。疑惑のつるブルームーン様。

(どうも育ててみたら、つる性じゃなくて

普通のブルームーンじゃないかと)

2011.11.08つるブルームーン.jpg

11月8日に撮影しましたが、本当に綺麗だなあと見とれます。

気温のせいで花期も長くて嬉しいです。



秋が好きなので、一年中秋の気候希望です(笑)
posted by りの at 11:46| Comment(0) | 外構・庭まわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

激しく今更ですが

本当に今さらですが。

結構相当だいぶかなり今さらなんですが、

韓ドラにはまりまして。てへっ。


しかも、歴史ドラマ。

つまり時代劇ですね。


姉も母も「チャングムの誓い」とかだいぶ前から

見てたんですが、

私はドラマって日本のすら見なくなって久しいし

“1時間テレビに拘束されるのか、、、。”ぐらいの

感覚でいました。


ところが。


姉が見ていた「王と妃」をたまたま見てて、

王宮の女性達が身につけている髪飾りなどが

綺麗な事と、話の内容が世継ぎ問題や

女同士の嫉妬でドロドロしててまあ素敵(爆)


そんなこんなで

全186話中、最後の40話ぐらい観たのでしょうか。

そして次に始まったクンチョゴワン。

これも絶賛視聴中(笑)

やはり目に付くのは女性陣が身につけている

装飾品や衣装です。

このドラマは4世紀頃の百済が舞台なのですが

王妃様方の出で立ちが、浦島太郎の絵本で見た

乙姫様にとても近いです。

髪型から服装から。


そして、、、。

第2王子プヨフィなんですが、(イ・ビョンウクさん)

いつも見る度に

「なんかEXILEの中にこんな人いそう」と思ってしまいます(笑)

続きを見るのが楽しみです。

posted by りの at 12:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。